同人ゲーム大戦2016春②

5/8、同人ゲーム大戦第二幕が開幕。
の前に。原付でゲーム会に向かう最中、ロックした鍵が突然回らなくなる自体が発生。
近くのバイクショップに連絡し搬送をお願いしたんですが、どうやらキーシリンダの破損の模様。
前日にはバッテリが故障し急遽交換したわけですが、まさか2日連続で。
そんなわけで、ちょっと遅れての合流となりました。

まずは、いたるさんが来るまでの間に3人までのゲームをいくつか。

◇王様ねずみの算術ポーカー(武田商店)
http://takedashop.jimdo.com/game-%E7%8E%8B%E6%A7%98%E3%81%AD%E3%81%9A%E3%81%BF%E3%81%AE%E7%AE%97%E8%A1%93%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC/
画像
数字カード2枚と+-xの演算子カードいずれか一枚との組み合わせで数値の高さをバーストしない範囲で競い合うゲーム。
チップ代わりのチーズがすごく可愛い。
勝負しかける時に張れるチーズに上限を設けるかオールインのルールがないと、肘の高さまで積み上げたほうが勝つ事態に。


◇筋肉猫(堀場工房)
http://horibakoubou.gg-blog.com/%E7%AD%8B%E8%82%89%E7%8C%AB/
画像
猫を鍛えさせてマッスルボディを手に入れさせるゲーム。
筋肉の下地を作るか、下地の整った箇所を鍛えるか、鍛えた箇所をさらに鍛えるか、アクションカードで邪魔するか。
見た目のインパクトは抜群でわかりやすいルール。
今回はテスト版とのことでしたが、製品版も楽しみ。


ここで、いたるさん合流。以降は4人プレイ。
◇命の砂時計(river games)
http://gamemarket.jp/blog/23783/
画像
不治の病に掛かった少女の寿命が迫る中、少女を助けようとする側と邪魔する側にこっそり別れて競い合うすごろく。
今回荒屋敷は邪魔する側のため、邪魔するカードをこっそり抱えてギリギリのところで実行し邪魔に成功。
救出側が結構頑張らないと救出は難しいそう。
あと、「こういう時はだいたい荒屋敷が邪魔する側引くよね」と言われて正に引いてしまったんですが、そういう時どういう顔をすればいいのかわからないの。


◇真打(JUGAME STUDIO)
http://jugame.tumblr.com/post/142788609684/2016%E5%B9%B45%E6%9C%885%E6%97%A5%E3%81%AB%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%B1%95%E7%A4%BA%E5%A0%B4%E8%A5%BF34%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A7%E9%96%8B%E5%82%AC%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%8820
画像
落語家となって、寄席のトリになれるようにするゲーム。
数値の低い噺ほど枚数が多いが、同じ噺を繰り返すことによって十八番にできる(=勝利点になる)ため、闇雲に数値の高い噺だけを取りに行ってられないし、相手の手札を奪う効果があったりするため、手に持つべき噺カードの選択も難しい。
今回はプロトタイプ版とのことでしたが、製品版でどう変わってくるのか楽しみ。


◇マツのアナ(くらげシステム)
画像
おそ松さんのイラストを用いて、同じマツを誰よりも早く6枚集めるゲーム。
ルールブックでも公言されてますが、Pit。
せっかくだからちょっと変わった効果があっても良いような。


◇どっちの始末SHOW(蒼猫の巣 出張所)
画像
先日もプレイしましたが、ルールミスがあったため再プレイ。
同じ数字複数枚は最初は出せない、ということだけでだいぶ違うプレイ感覚。


◇横濱紳商伝(OKAZU brand)
http://okazubrand.up.seesaa.net/page/yokohama.html
画像
開港後の横浜を舞台に、部下を配置し商品を手に入れ交易をし勝利点を稼ぐゲーム。
自分のルーティンを作ってそれをぐるぐる回してるだけでも楽しい。
2時間弱という重力級にもかかわらず、そんな長さを感じさせないどころかもうちょっと続けていたい。もっと交易したい。


◇Lady Majonna(BREMEN Games)
https://sites.google.com/site/bremengamesofficial/
画像
手札で役を作って進むすごろくのようなゲーム。
誰かが進むとその分戻されたりするため、なかなか前に進まないもどかしさ。
貯めこんだマジックアイテムと一緒に駆け抜けないと。


◇全国横断∞メガドルカーニバル(せらぴん)
http://unohanat.net/megadol/
画像
シンデレラガールズに登場するメガネアイドルだけを集めて、ユニットを組んで全国にファンを増やしていくゲーム。
常に変動する流行に振り回されつつアイドル特有の効果を使って人気を得ていく。
ゲーム自体は勢力争いと奪い合いで地味なものの、原作を知ってるとあちこちのネタも楽しい。
なお荒屋敷は、真尋、マキノ、荒木先生のユニットでした。


◇マジョマジョ -迷いの森と4人のウィッチ-(みみくりや)
http://mimicry-ya.hateblo.jp/entry/2016/04/10/181346
画像
魔女となって、不思議な森に迷い込んだ少年を引きずり込むゲーム。
ふらふら歩き回る少年を、先回りしたり魔法の効果でおびき寄せたり。
あと一歩で、というヤキモキ感と捕まえた時のしてやったり感。


◇万猫の豊明かり(梟老堂)
http://fukuroudou.info/home/game/yorozuneko
画像
「いっせーの、せ」でカードを出し、場のカードか自分のカードを獲得していくゲーム。
高得点の酒は欲しいけど3枚目を取るとドボンだったり、絶好のタイミングで出した万能カードをカラスで奪われたり。
どのタイミングでどのカードを出すかが悩ましいし、イラストの猫は可愛いし。


◇TRICK OF SPY(カワサキファクトリー)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~k-saki/
画像
トリックテイクの要領でカードを出しつつ、場に伏せられた1枚のカードを推理するゲーム。
トリックごとに最強のカードと最弱のカードを出したプレイヤー飲みが推理権を得られるため、トリックでのカードの出し方だけでも悩ましく、出されたカードの傾向から伏せカードを推理するのも難しく。最後まで気の抜けないゲーム展開。
1ラウンド5トリックすべてに推理コマ置けたのにそのすべてを外したりしましたが。



以上、今回は12ゲーム。
画像

終了後は、手のひらに一貫しか乗らないようなすごいお寿司。
画像
今回もお疲れ様でしたー!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック