ホラーシアターショウ! 2

何人かで集まってプライベートシアター借りてホラー映画を観よう。
ホラー映画も、みんなで観れば怖くない!

そんなお誘いを受けて、5人でホラー映画観たのが9月。
「佐吉舟」「FREAKS」「MAY」「死霊のはらわた2」の4本を堪能してきました。
そして、その第2回が1/31に開催されました。


◇キジも鳴かずば
まんが日本昔ばなしにおける怖い話トップクラスのもの。
内容は知っていましたが、こうして映像で観ると、弥平が人柱に選ばれてしまう過程の恐ろしさと、成長したお千代の表情の鬼気迫る感。
小学生くらいでこれ観てたら、確かに忘れられなくなりますよね。

◇デスプルーフイングラインドハウス
早送りで最後のカーチェイスだけ。
ホラー枠ではなかったんですが、その執拗なカーチェイスは凄かった。

◇ババドック
いうこと聞かない子供に振り回され、精神的に追い込まれていくシングルマザーのアメリア。
最初は「子供うざったい」という同情的な感情を持って観てましたが、ババドックという絵本が登場してから徐々に崩壊していくアメリアの精神が、近寄りがたい怖さ。
ババドックの正体やババドックが登場するに至る経緯がこっそり描かれていて、でもそうじゃなくババドックはやっぱり実在するんじゃないかとか、改めて思い返すといろいろ考えてしまいます。

◇28週後
ダイジェスト。
お父さんが全て悪い、ということは理解しました。

◇ゾンビーバー
廃棄物の汚染されたビーバーがゾンビと化し、親戚の別荘に遊びに来ていた3組6人のカップルに襲いかかる。
下ネタ全開で、みんなが期待してるどおりの展開で、最後にはみんなが驚愕する予想外の展開。
怖いというより展開が楽しいんですが、突拍子もないところでゾンビーバー出てきた辺りでちょっと変な声でました。ひぃ。


そんな感じで、今回は8人で5本。
精神的に追い込まれるタイプのホラーはまだ上映されていないので、駅から家まで1人で帰るのが不安になるタイプが次辺りに流れそうで怖いんですが、みんなで観ればきっと怖くない。!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック