ボドゲ 定例会

6/7。暫くお休みになっていたボドゲ定例会でした。
いつものように、karokuさんふうかさんCOQさんと4人でした。


◇ダハシュール
赤いピラミッドを完成させるために、宝石や金銀を集めていくゲーム。
画像
手番プレイヤー以外が1枚ずつ数字カードを出し、手番プレイヤーはその数字を使ってアクションを実行する。
使われた数字カードは所有者の手元に戻り、ラウンド終了時に出した数字に応じてボーナスがもらえたりする。
宝石で大通りを彩ったり墓室に金銀を奉納して功績点を得ていき、その功績度合いを競いあう。

中盤ころに既に埋まってしまう大通り。
こりゃまずい、と墓室に収める金銀を手に入れようとするも、気づけば荒屋敷1人出遅れ。
ならばいっそ墓室への奉納チャンスを潰してしまおうと考えたものの、karokuさんが金を1つ余らせるだけで大きな影響も出せず。
高額の金貨を奉納したCOQさんの勝利。


◇酋長ボンバボン
精霊の声を聞いて太鼓を叩くゲーム。
画像
酋長役のプレイヤーがカードを1枚引き、場に出ている同じ絵柄のカードの指示通りに太鼓と頭を叩く。
そして、その指示が描かれたカードを他のプレイヤーが奪い合う。

みんな気が早いのか、叩き終わる前にカードを取りに行ってしまって「もう1音あったー」と崩れ落ちる場面が何度か。
冷静にカードを獲得していったCOQさんの勝利。


◇コンコルディア
古代ローマ帝国を舞台に、入植した土地で商品を生産していくゲーム。
画像
あちこちの土地に入植し、入植した土地で商品を生産し、売買して得たお金や商品で更なる入植やアクションカードを手に入れていく。
ゲーム終了時、ゲーム中に悪徳したアクションカードに書かれている条件ごとに勝利点を獲得する。

荒屋敷以外の3人が織物を中心に入植を行っていたため、次に高額なぶどう酒を求めて走り回る。
これが功を奏し資金に困らなくなるものの当然警戒され、中盤以降では入植に高額を支払わざるを得ない状況。
karokuさんとCOQさんはアクションカードを集め効率よく手番を進めており、だいぶ置いて行かれる展開。
そんな2人の競いあいの結果、僅差でkarokuさんの勝利。



◇ドクターホリプル
病院を運営し、よりたくさんの患者を治療していくゲーム。
画像
カードを引いて医者やアクションカードを集め、様々な患者を治療する。
プレイヤーの持っている病院には4人まで医者が在籍でき、手術は在籍している全員の能力+ダイス目で判定。
患者カードの山がなくなった時点で、治療した患者の勝利点の最も高いプレイヤーの勝利。

医者が来ない。そしてダイスが振るわない荒屋敷。
他の3人が順調に治療に成功していく中、荒屋敷の病院だけ手術失敗を重ねていく。
安定した医者トダイス目で手術に成功していったkarokuさんの勝利。



◇コンセプト
様々なシンボルマークを使ってお題を表現し、それを当ててもらうゲーム。
画像
手番プレイヤーは、自分のお題を、ボード上の様々なシンボルマークを使って表現する。
他のプレイヤーは、選択されたシンボルマークと関連性を元に、何を表現しようとしているのかを当てる。
上手く当てたプレイヤーと当ててもらったプレイヤーが得点獲得していく。

このゲームで改めて、自分の表現力とか発想力の乏しさを実感しました。
発表3回中2回を、上手く表現できずに降参宣言。
なんというか、もう、本当にごめんなさい。



◇タンブジー
雨乞いをしつつ、雷が落ちる前に小屋の中に逃げこむゲーム。
画像
ボード中央のスイッチを押してゲーム開始。
足あとの数分コマを進めて、可能であればボード上のコマと入れ替え、追い出されたコマが次のスイッチを押す。
雷が落ちた時点でボード外にいたコマは脱落。残り3コマになった時点で点数計算する。最初に2回トップを取ったプレイヤーの勝利。
2連続でトップを獲得したkarokuさんの勝利。



◇ソルターニーエ
イラン北西部のソルターニーエに、誰よりも美しい宮殿を建てるゲーム。
画像
階層ごとに分けられたタイル山の1つを展開し、任意のタイルを取って宮殿を建設する。
そして、建設中に手に入れたサファイアを支払うことでランプの魔人ジンを召喚し、宮殿建築を手伝ってもらうことができる。
最上階層を誰かが4枚建築したら、各々の建築物と秘密の目的の達成状況を勝利点とし、最も勝利点の高いプレイヤーの勝利。

タイルの絵を合わせるのがなかなかうまく行かなかったり、秘密の目的達成を意識しつつがたいへんだったり。
高得点の目的を達成していったCOQさんの勝利。



◇スカルキング
手札を元に勝てる回数を予測してからゲームを行うトリックテイク。
画像
1ラウンド目は手札1枚、2ラウンド目は2枚、とラウンドを重ねるごとに増えていく手札。
それをもとに、全員自分の勝てる回数を宣言。成功すれば高得点となるものの、1度でも多かったり少なかったりするとマイナス点。
10ラウンド行い最も勝利点の高いプレイヤーの勝利。

最初はカード枚数も少ないのでほどほどに。
けれども、枚数が増えるほどに当たらなくなる予測。
そうして迎えた最終ラウンド。ゼロ勝を予測した荒屋敷は見事に中盤で勝ってしまい、最終得点がマイナスという大失態。
中盤以降の大きなところで見事的中させたCOQさんの勝利。



ゲーム会終了後は、今年初のゲーム会ということで新年会。
お肉、美味しゅうございました。

そんなわけで、本日は8ゲーム。
今回もありがとうございました!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック