茶日記 月夜のサアカス

昨日、御徒町の辺りまで出かけました。
で、帰り。
一駅なので秋葉原まで歩こうと思い、蔵前橋通りをてくてく歩いてました。

すると、気になる看板。

月夜のサアカス

メニューの書かれた黒板には

「女学生展」開催中

「女学生展」の言葉にホイホイされる。


扉を開け入店した瞬間、店内に感じる独特の世界観を持った雰囲気。
「大正浪漫文学少女の世界」といえば通じるでしょうか。
この雰囲気は大好きです。

で、女学生展にちなんだメニューがあるという事で、『珈琲ゼリーのぜんざい + 桜の紅茶』を注文。ポストカードが付いてきました。

ティーポットには、冷めないよう包みを被せてもらいました。


桜の紅茶
一口飲むと、桜の香りが鼻を抜けていく。
この感覚が心地良い。
お茶はたっぷり3杯分。


珈琲ゼリーぜんざい
汁は微かなコーヒーミルク。
そしてそれは、具材の味を一層引き立てる。
特に、煮小豆を噛んだ時の小豆の濃厚な味わい。
凄かった。
少々お値段は張りますが、それだけの価値が十分にあるものでした。

月夜のサアカス:
http://www.tukiyo.jp/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック