零と壱の狭間

アクセスカウンタ

zoom RSS 同人ゲーム対戦2016秋@

<<   作成日時 : 2016/12/24 10:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

買ったゲームを遊ぶまでがゲームマーケット。
そんなわけで、今回も始まりました「同人ゲーム対戦」。
karokuさん、ふうかさん、荒屋敷の3人で、午後からいたるさんが合流して4人での同人ゲーム対戦、開幕です。
画像

◇蟹手裏剣(ひなたのにほい.exe)
http://gamemarket.jp/game/%e8%9f%b9%e6%89%8b%e8%a3%8f%e5%89%a3/
画像
蟹を改造して手裏剣にし任務達成を目指すゲーム。
二人用ということでkarokuさんとプレイ。
任務達成条件を満たす手裏剣を作るのが結構大変。スピードが欲しいのにパワータイプを引いてくるし。
もっと、任務に合わせてガシガシ改造できたらいいなぁ。


◇人喰い屋敷(おいしいたにし)
http://100monogatari.net/archives/512
画像
お化け屋敷を題材としたトリックテイキング。
特殊役が多くて不安でしたが、「子供が集まったら逃げる」「武器をぶつけられればお化けに勝てる」と見た目で分かりやすい。役で得点できると嬉しいし楽しい。


◇冒険者カンパニー(喫茶 兎紳士)
http://usagishinshi.blog.fc2.com/blog-entry-23.html#more
画像
冒険者を3人集めて依頼を達成していくゲーム。
ラウンドごとの敗者には優遇処置もあるので、短時間でも最後まで競い合えて楽しい。
最初、「派遣(=場に出す)したカードで任務達成を目指す」と勘違いしてましたごめんなさい。


◇モンスカート(するめデイズ)
http://gamemarket.jp/game/%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88/
画像
配られたカードをもとに何回勝てるかを予想してから始める3人用トリックテイキング。
一番勝てると予想した1人 対 残り2名、の変則チーム戦。1人は不利な分優遇処置はあるけれど、それでも想像以上に勝てない。一度でいいので、1人側で勝って高得点回収したかった…。


◇キムの名は。(サザンクロスゲームズ)
画像
変則神経衰弱。めくったカード1枚でやめるか、2枚目を引いて人名にするか。人名にできなければ失点。
普通の神経衰弱と違って、2枚めくった時の組み合わせが面白くなってしまうとどこに何があったか忘れてしまう。「哲哲」て!


◇筋肉猫(堀場工房)
http://horibakoubou.gg-blog.com/%E7%AD%8B%E8%82%89%E7%8C%AB/20160917
画像
貧弱ボディの猫を鍛えてマッスル猫にするゲーム。
鍛えるための「トレーニング」「プロテイン」がなかなか引けず鍛錬が進まない!
そうなると、せっかく鍛えた筋肉もお邪魔カードで削られてしまって元の貧弱ボディだにゃー。
画像


◇山手線SPEED(サイタニヤ)
http://gamemarket.jp/game/%e5%b1%b1%e6%89%8b%e7%b7%9a%ef%bd%93%ef%bd%90%ef%bd%85%ef%bd%85%ef%bd%84/
画像
トランプの「スピード」を、山手線駅名で再現したゲーム。二人用ということで、ふうかさんとプレイ。
乗換駅を使えば隣り合ってなくてもカードが出せる。そうなると、カード出してる時に「池袋から有楽町線で有楽町、有楽町から東京、神田!」と叫ぶだけで既に楽しい。
勝っても負けても楽しくてもう一回やりたくなってきます。

プレイ中にいたるさん合流。karokuさんといたるさんで再プレイ。


◇キャベツ鑑定(ロンメルゲームズ)
http://gamemarket.jp/game/%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%99%e3%83%84%e9%91%91%e5%ae%9a/
画像
キャベツ検察官の権利を競り落とし、よその農家の出来の悪いキャベツを摘発するゲーム。
最初は検察官の権利をどれくらいで落とすべきか様子見ながらでしたが、気づけば「みんなのキャベツ摘発してこれくらいもらえれば、自分のキャベツ摘発された支出より安い」とかそんな恐ろしい発想にとらわれて高騰する検察官権利。ダメキャベツを摘発されて飛び交う悲鳴。検察官になってもなれなくても楽しい。


◇7 VS 13(Hammer Works)
http://gamemarket.jp/game/seven_vs_thirteen/
画像
配られた4枚の数字カードのうち2枚を使って勝負し勝利点を集めていくゲーム。
勝てば勝つほど参加権が高くなっていくし、勝利点とゲーム中のお金は別管理されるので役ボーナスだけもらってると参加費が払えなくなるし。
引きどころを見誤ったときの大失点は悔しいけれど、上手く行ったときのしてやったり感が楽しい。


◇オリンポス(PhantomLab)
http://gamemarket.jp/game/%e6%96%b0%e4%bd%9c%e3%80%90j03phantomlab%e3%80%91%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b9%ef%bd%9e%e9%a0%82%e3%81%8d%e3%81%ab%e6%8c%91%e3%82%80%e8%8b%b1%e9%9b%84%e9%81%94/
画像
立体的に見えてくるタイルを配置して、山の頂上を目指すゲーム。
お互い目的地や視線が違うため、どこがどうなってるのかわからなくなってしまいがち。
そして、上の段に上がるためのトランポリンタイルを引けないとどうしようもない。荒屋敷はそのタイルを引けず1段しか上がれませんでした。


◇TrickTakingCity(うっかり本圃)
http://gamemarket.jp/game/trick-taking-city/
画像
獲得したトリックで選んだカードを用いて都市を建設していくトリックテイキング。
最初に配られる切り札でおおよその指針が決まって、それに合わせてほしいカードを獲得できるように立ち回らなければいけないのが、ちょっと難しくて楽しい。
最後の得点計算は結構大変。


◇ファイナルバーガー(四等星)
http://gamemarket.jp/game/final-burger-last-order/
画像
トリックテイキングで獲得したカードでハンバーガーを作っていくゲーム。
カードの数字は見づらいけれど、出来上がったハンバーガーはすごくおいしそう。チーズバーガー食べたい。


◇マルチの頂点(TAGAMI GAMES)
http://tagamigames.web.fc2.com/multi1.html
画像
自分の組織を大きくしていくゲーム。
組織が大きくなっていくのは嬉しいし、規約違反しながら会員を増やしていくのはどきどきする。


◇オキドキ(OKAZU brand)
http://okazubrand.up.seesaa.net/page/okeydokey.html
画像
5色のカードをうまく並べていく協力ゲーム。
リセットカードのおかげでガチガチにはならないけれど、そのリセットカードをおかなければいけない場面に振り回されたり。
今回は「難易度:普通」で無事成功しましたが、これより上の難易度はかなり大変そう。


画像
今回は、以上14ゲーム。


プレイ後は、中華料理食べつつ遊んだゲームの感想とか。
画像
みなさま、お疲れ様でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
同人ゲーム対戦2016秋@ 零と壱の狭間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる